kondouraな時間salvage

鉄道模型を中心とした趣味の記録です

ペーパー鹿島参宮2ndシーズン

f:id:kondoura:20210903113914j:plain

各地に居たびわこスタイルの中でも小型

工作記録にて

先日KIHAのペーパー組み車体で東横キハを仕立てましたのですが、ふたたび同じネタを仕立てました。鹿島参宮新キャラも追加。

f:id:kondoura:20210815224304j:plain

時代設定も前回と同じです

f:id:kondoura:20210815224155j:plain

今回はキハ42202と201に仕上げました。

f:id:kondoura:20210815225810j:plain

今回も裏打ち&ガリガリ限界まで削りまくりしました。

東横キハ、前回はパワートラックにしましたが、今回のはフライホイール付き床下モーター。

 

ワールドのコアレスを仕込みました。これ、強磁気だだもれで、近くにビスでもあると引き寄せて帯磁・・。金属など拾って走りそうです。

f:id:kondoura:20210815225005j:plain

あまり使わないでしょうが、モーターカットのスイッチを仕込んで見ました。

f:id:kondoura:20210815225108j:plain

キハ201はMW雄別コハ2の偏心台車使用しました。

エンジンはDMH17とイモン軽便気動車用を縦割り、その内側にモーター隠してます。

室内灯なども仕込みましたので、さっそくモーター通電カットして夜景観賞↓

f:id:kondoura:20210903114854j:plain

残念、このモジュールには建屋に照明が入って無い・・

f:id:kondoura:20210816105604j:plain



 

てなことで久々田舎電車モジュールにて完成記録でした。

f:id:kondoura:20210815230234j:plain

f:id:kondoura:20210815230252j:plain

f:id:kondoura:20210815230317j:plain

東横キハの兄弟は日立で会っているのですが、当時はその経歴を知らなかった・・

 

西武の砕石貨物列車

ペーパー続きの次はまたしても西武でした。

青梅デキ1から仕立てましたE41牽引の吾野砕石貨物列車であります。

f:id:kondoura:20210605102209j:plain

代わり映えしないいつもの情景で、秩父吾野線風

青梅デッカー4兄弟がそろって西武入りしてますが、この41だけ早く引退したみたいで、資料写真もあまり見かけないですね・・。その上ややこしいのが、小型の特長ある個体だったり。

東武のED3000(総武鉄道野田線出身)や秩父デキ6、7あたりの大きさになるようです。

 

工作では外観の他、モーターを大きくしたり点灯化したりと手を入れてます。

 

 

f:id:kondoura:20210605022259j:plain

車体が短く、デッキが長いE41。けっこう可愛いです

 

せっかくなので牽引する貨車も西武らしく砕石貨物編成でまとめることにしました。

選んだ素材はpempプラ貨車トラ6000。木材運搬考慮でロングなのですが、切り継ぎ短縮するとトム301に出来そうです。

f:id:kondoura:20210605012043j:plain

RMデータファイルの資料・図面があったのが良かったです

f:id:kondoura:20210605012241j:plain

以前・試しに切り継ぎ&特長ある妻板を自作で仕掛かってました。

f:id:kondoura:20210605012527j:plain

これを荏後交通仕様で仕上げて確認。積み荷はセキ6000の石炭を白くしたのをはめてみました。

この製品、ころがりが良くないのでスポーク車輪に交換、軸受けも埋め込んでみました。

ウエイトも載せたらちょっとの傾斜でも走り出して落下寸前に!

「♫走り出したら止まらないぜ〜・・」

 

 

なんとかイメージどおり出来そうかな?でしたので、手元にあった7両分を西武トム301風に改造開始。

ネタは今もイモンに引き継がれて購入可能で、しかも側板受け金具が追加され単品売りされてます。

車輪の交換他、ブレーキホースや解放テコ受けなどロストパーツを投資。手すりなど諸々のモールドなどは削って真鍮線に。

f:id:kondoura:20210605012914j:plain

製品の妻板からアングル材部分を切り出して移植します。

f:id:kondoura:20210605013623j:plain

手すりなどは真鍮線

 

プラ切り継ぎなどは昔GMキットでかなり遊びましたが、まったく上達できませんでした・・。

今回も同じくなのですが、木製側板なのでキサゲ刷毛かけて誤魔化し。

f:id:kondoura:20210605013808j:plain

左は切り継ぎ完了時。右はキサゲ刷毛で表面を荒らしてみました。

f:id:kondoura:20210605014314j:plain

中心にある柱を再現するのはあきらめまして雰囲気にて

この後、箱組み→塗装と通常通りの工程でした。

 

 

積み荷はバラストをボンドで固めるのですが、精度よくないので7両の車体長がビミョーに違います。(ほんと、上達しないです)

なので現物合わせにて。

ベースにイラストレーションボード&紙粘土盛りを仕立て、荷室内部にクッキングシート折り込んだ枠の中に設置。

ボンド水溶液を塗ってからバラストをザッと投入です。

f:id:kondoura:20210605015522j:plain

1回目が乾いた状態

f:id:kondoura:20210605015611j:plain

再びペタペタとボンドを塗り

f:id:kondoura:20210605015703j:plain

バラストをザッと投入

f:id:kondoura:20210605015750j:plain

ボンドが乾くまで放置。その後、接着してない余分なバラストを排除します。

f:id:kondoura:20210605015855j:plain

2〜3回くりかえしてから取り出た状態

この後クッキングシートを剥がしてから抜けている部分を補充修正。

最後にボンド水溶液を塗って固め、乾いたら完了です。

 

f:id:kondoura:20210605090807j:plain

7個完成。裏面にGMウエイト(←いっぱい有る)を埋め込んでます。

f:id:kondoura:20210605091028j:plain

装着した状態。はめ込んだだけで固着してないです。左上の1台は試作の荏後交通トム


 

f:id:kondoura:20210605020707j:plain

このタイプは西武だけでなく、小田急など他社でも砂利輸送などに使われてたみたいです

 

てなことで西武もの追加完了でありました。

吾野つながりでカトーも作ってみようか・・・・とかよぎる想い・・(ほんと、懲りないです)

 

蛇足で、

記録撮影ついでに東横キハも

 

f:id:kondoura:20210605102610j:plain

雰囲気は良いのですが、ツヤツヤなので情景になじまない・・

 

そういえば、メトロの新車お披露目されましたですね。

同社他線向けや東急2000より好きかなと思いましたです。

f:id:kondoura:20210605021706j:plain

もうすぐ見納めか・・・。ほんと、この2車種お世話になりました。(痛勤で・・)

風に乗って聞こえてくる爆音もだいぶ少なくなってきました。

(おじさん的には旧6000系のウミャー〜〜音の方が爆音との思いで)

 

2021 完成2発目もペーパー

西武351に続き、2021完成2発目もKIHAペーパー車体からの東横キハにて。

インレタを入れましたので一気に組み上げてみました。

f:id:kondoura:20210509162717j:plain

時代は昭和30年代の鹿島参宮(鉾田線)です

f:id:kondoura:20210509162829j:plain

今回もライト類と室内座席など仕込んでみました

f:id:kondoura:20210509163002j:plain

無理やり覗かないと運転台入りが見えないのはちょっと残念

動力は小型モーターとフクシマギヤーで台車にパワートラック仕込んでみたのですが、

モーターが非力で納得安定の動きには届かなかった・・・と反省です。せめてイモンミニモーター使えればか・・

f:id:kondoura:20210509163603j:plain

有り物でしたてたなんちゃって床下

f:id:kondoura:20210509163849j:plain

左が使ったモーター。右はイモンミニモーター

そんなことから、平行して工作中ネタはイモンミニモーターに変更しております。

(製品が小型モーターからパワートラック仕立てる仕様なので走行安定改良)

あとすこしで機関車は終了しそうですが、砂利貨車まで仕立てて編成として完成させる

が目標です。

f:id:kondoura:20210509164413j:plain

4兄弟中最初にサヨナラになってしまった機関車